資生堂「レシピスト」が大好きすぎるので語ります…!

レシピスト,口コミ

かわいい!安い!という理由から買い始めたレシピストですが、今回でリピート3回目になりました。

そろそろドラッグストアコスメから卒業して、高いちゃんとしたやつ買いたいな…と思っていた矢先に出会ったのですが、しばらくはこれに落ち着きそうです。

 
レシピストに関しては資生堂の商品で安心して使えるし、ググればよい口コミもたくさん出てきます。

それにしても安すぎる…何かがおかしい…

 
ということで、なんでこんなに安いのか、本当に良い化粧品なのかについて調べてみました。

割とリアルな辛口レビュー、アットコスメでの評価、化粧水・美容液のテクスチャー比較も載せていますので、気になる方はそちらもチェックしてくださいね!

< 関連記事 >
大人アトピー,自分で治す アトピー肌は自分で改善!私が使ったケアアイテム、全て見せます!

※割と長いです!必要なところだけ飛ばし読みしてくださいー!(>>「使い心地のレビュー」までジャンプ

レシピストってこんな化粧品

レシピスト,美容液

レシピストは「ローズエキス」をベースに、色々な自然由来の成分を組み合わせて配合している化粧品ブランドです。(この成分の詳細は後ほど!)

イメージとしてはこんな感じ。
レシピスト,メイン成分

例えば…
レシピスト,自然由来成分

などなど。これらの自然由来成分は全部で14種類あります。

商品や使う人の肌質に合わせて、料理のレシピのように組み合わせているんだそう。

レシピストのシリーズ展開

2019年2月現在、レシピストから出ている商品は以下の通りです。

化粧水 美容液
レシピスト,化粧水 レシピスト,美容液
・バランスととのう化粧水(ライト/リッチ)
・しっかりうるおう化粧水(リッチ/モアリッチ)
・水があふれるバランス美容液
・濃い美容液
日やけ止め BBクリーム
レシピスト,日焼け止め レシピスト,BBクリーム
・すーっとひろがる日やけ止め
・さらっとなめらか日やけ止め
・おしろい要らずのBBクリーム
(ライトナチュラル/ナチュラル)
ボディローション ボディパウダー
レシピスト,ボディローション レシピスト,ボディパウダー
・しっかりうるおうボディローション
(ローズ/ヴァーベナ/ローズマリー)
・さらっと美肌のボディパウダー
(無香料/ローズの香り)
ハンドクリーム リップクリーム
レシピスト,ハンドクリーム レシピスト,リップクリーム
・すべすべ仕上げのハンドクリーム
(無香料/ローズ/ヴァーベナ/ローズマリー)
・うるおいとどめるリップクリーム(無香料/アップル)
・ほんのり色づくリップクリーム(ヌードピンク/ピュアレッド)

意外なことに、レシピストから「乳液」は発売されていません。

実際に使ってみると分かるのですが、化粧水→美容液のみで終わっても十分潤いを感じるものの、乾燥する季節はカバー力がやや気になります。

個人的にはレシピストの唯一の欠点かな?と思うので、乳液だけは今の手持ちの物を引き続き使った方がよさそうです。

 

レシピストの使い心地は?実際に使ってみました!

レシピスト,口コミ

公式サイトから購入したら、ボトルとおそろいデザインのトートバックが付いてきました!

自分に合ったものを探そうと思って、化粧水と美容液はそれぞれ違う種類を注文。

それぞれの使い心地や効果についてレビューしていきます。

化粧水の使い心地と効果

レシピスト,化粧水,口コミ

まずは化粧水!上記の通り4種類も出ています。

その中で私が持っているのは、「バランスととのう化粧水(リッチ)」と「しっかりうるおう化粧水(モアリッチ)」の2つです。

・バランスととのう化粧水(リッチ)
レシピスト,化粧水,使い心地

こちらは「バシャバシャ使える」感じの、水っぽいテクスチャーです。ボトルを揺らすとチャプチャプ音がします。

写真を撮ろうと肌に載せたら、すぐに流れてしまいました(笑)

 
肌にしっとりしみこむというよりは、ぐんぐん成分が浸透していく感じ。

一方でとろみがない分、早くクリームでふたをしないと乾燥してしまいそうな感じもしました。

・しっかりうるおう化粧水(モアリッチ)
レシピスト,化粧水,テクスチャー

こちらはとろみのある、もったりとした化粧水です。

化粧水というよりは、乳液に近いくらいのとろみ。肌につけてもなかなか垂れません。

 
お風呂上りはこれだけでいいのでは?と思うくらいしっとり感が持続します。

そのこともあって、美容液、乳液と重ねていくと若干肌が重たい感じも…

 
乾燥肌の人には「守られてる…!」感があっていいかもしれませんが、個人的には前者の「バランスととのう化粧水」の方が好きでした。

美容液の使い心地と効果

レシピスト,美容液,使い心地

続いては美容液です。こちらは「水があふれるバランス美容液」と「濃い美容液」の両方持っています。

名前の通り「水があふれる~」の方が水分多め、「濃い~」の方が濃密な感じかな?と思ったのですが、実際に開けてみると逆でした。

テクスチャーの違いはこんな感じです。

レシピスト,美容液,効果

左側の「水があふれる~」の方はサラサラ、しっかりした感じのテクスチャーでした。

肌になじませていくとだんだん水っぽさがあふれてくるような感じ。

 
一方で右側の「濃い~」の方は、さわった瞬間からプルプル。(画像から伝わりますかね…)

塗り広げてももっちりした感じが続き、同じシリーズの美容液とは思えないくらい差がありました。

 
美容液に関しては、やっぱり後者の「濃い美容液」の方を気に入って使っています。

どの成分がどれくらい入っているのか分からないので「本当に濃いのか?」という部分は不明ですが、心なしかもう1個の方よりリッチな感じがします(笑)

 

なんでこんなに安いの?配合成分を大分析!

レシピスト,配合成分

もう3か月ほどレシピストを使っていますが、アラサーの自分でも十分満足できる化粧品だと思います。(乳液だけ別のものを使っていますが。)

今まで「安い」としか書いていなかったのですが、実はこの化粧水、定価(税込)で590円なんです。

おそらくどのドラッグストアコスメよりも安いんじゃないかなと。

 
普通なら絶対買わないのですが、「資生堂のブランドだから」と信頼して買ってみたらやっぱりすごかった、という感じです。

ではレシピストにはどんな成分が使われているのか、最後に確認してみたと思います。

レシピストの配合成分とその効果

レシピスト,ローズエキス

はじめの方にもちらっと出てきた画像ですが、もう一度。

レシピストは商品にあわせて色々な成分を配合していますが、その中で唯一、どの商品にもメインで配合されているのが「ローズエキス」です。

 
上記の通り「レモンの約50倍のビタミンC」が含まれており、ビタミンCは健康的な肌を保つのに欠かせない成分です。

またローズエキスは保湿効果が高く、肌荒れを予防する効果も期待できます。

 
しかし残念ながら、シミやしわなどの年齢肌対策や美白効果はあまり期待しない方がよさそうです。

ビタミンCはアンチエイジングにも美白にも効果的な成分ですが、やはりハイブランドの高価な化粧品と比べればその効果は劣ります。

 
あくまで保湿・乾燥対策として取り入れるのが正解です。

プチプラだからこそ!レシピストはこんな使い方がおすすめ

上記のとおり、レシピストではシミやしわの改善、美白、アンチエイジングといった効果は期待できません。

そういった肌悩みがある方は、やっぱり少し高めのブランド化粧品を選ぶべきです。(ポーラのB.Aとかはかなりおすすめです。)

 
ただそういう高い化粧品って、どうしても思いっきり使えないんですよね。

ご存知の方も多いかもしれませんが、化粧品の量をケチってしまうと中々効果も上がりません。

 
そんなときに、朝の洗顔後やお風呂上りに思いっきりバシャバシャ!っと使いたいのであれば、レシピストはかなり便利かなと思います。

ブランド化粧品もラインでそろえると大変ですが、クリームや乳液だけなら手も届くはず。

「レシピストでしっかり保湿→ちょっと高めの化粧品で仕上げ」の使い方がお手軽でコスパもいいかなと思います。

あなたにおすすめの記事

足汗対策 足汗対策のおすすめアイテム&今すぐできるセルフケア方法! 本当に5回?効果はあるの?ラココの全身脱毛に行ってみた! 【体験談】スリムビューティハウスに10回通って7.2kg痩せた話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です